JOURNAL
ジャーナル

title
1つ以上の製品タイトルに基づいて製品を表示します。
可能な値:有効なShopify製品タイトル
例:[wps_products title=”Product A, Product B”]

 

tag
1つ以上の商品タグに基づいて商品を表示します。
可能な値:有効な製品タグ
例:[wps_products tag=”Tag A, Tag B”]

 

vendor
1つ以上の製品ベンダーに基づいて製品を表示します。
可能:有効な製品ベンダー
例:[wps_products vendor=”Vendor A, Vendor B”]

 

collection
単一のコレクションに基づいて商品を表示します。
可能:有効なコレクション名ベンダー
例:[wps_products collection=”Featured Products”]

 

product_type
1つ以上の製品タイプに基づいて製品を表示します。
可能な値:有効な製品タイプ
例:[wps_products product_type=”Books”]

 

available_for_sale
在庫状況に基づいて商品を表示します。に設定するtrueと、在庫のある商品のみが表示されます。
可能な値:true/任意(デフォルト)
例:[wps_products_buy_button available_for_sale=”true”]

 

created_at
作成日に基づいて商品を表示します。ISO8601形式を使用する必要あり。
可能な値:有効なISO8601の日付
例:[wps_products created_at=”2019-02-21 03:16:41″]

 

updated_at
更新された日付に基づいて製品を表示します。ISO8601形式を使用する必要あり。デフォルトはfalse。
可能な値:有効なISO8601の日付
例:[wps_products updated_at=”2019-02-21 03:16:41″]

 

product_id
1つ以上のShopify製品IDに基づいて製品を表示します。
注:このIDは、次のようなGraphQLIDとは異なります。
Z2lkOi8vc2hvcGlmeS9Qcm9kdWN0LzIyMTY5Mjg0MTE2OTY=
上記の値をbase64でデコードして、文字列を取得できます
gid://shopify/Product/2216928411696
※Shopify管理画面の商品詳細URLでも可能。
可能な値:有効なShopify製品ID
例:[wps_products product_id=”2216928411696, 93283473232″]

 

post_id
1つ以上の商品投稿IDに基づいて商品を表示します。
可能な値:有効な製品投稿ID
例:[wps_products post_id=”35421, 35418″]

 

sort_by
製品のソート順を決定します。ShopifyAPI値に対応します。
可能な値:タイトル(デフォルト)/ベンダー/id/価格/ベストセラー/製品型/created_at/update_at
例:[wps_products sort_by=”price”]

 

reverse
製品の順序を逆にします。sort_byと組み合わせて使用​​すると便利。
可能な値:true/false
例:[wps_products sort_by=”title” reverse=”true”]

 

page_size
1ページに表示する製品の数を決定します。ページネーションがオンになっている場合にのみ適用。デフォルトはページごとの設定に準ずる。
可能な値:いずれかの番号
例:[wps_products page_size=”4″]

 

limit
表示される製品の総数を制限します。最大制限は250。
可能な値:いずれかの番号
例:[wps_products page_size=”2″ limit=”10″] /1個だけの場合:[wps_products limit=”1″]

 

connective
「接続」属性は、他のショートコード属性を組み合わせたときに製品がどのように検出されるかを決定します。
andに設定するとすべての属性が検索対象の商品と一致し、orでは任意の提供属性がマッチした製品を返します。
デフォルト:and
可能な値:and/or
例:[wps_products title=”Awesome product, Even better product” connective=”or”] / [wps_products tag=”Tag1, Tag2″ connective=”and”]

 

title_size
製品タイトルのフォントサイズをカスタマイズできます。
可能な値:有効なCSSサイズ値
例:[wps_products title_size=”20px”] / [wps_products title_size=”2em”]

 

title_color
製品タイトルのフォントの色をカスタマイズできます。
可能な値:有効なCSSカラー値
例:[wps_products title_color=”red”] / [wps_products title_color=”#000000″]

 

add_to_cart_button_color
購入ボタンの色を決定します。デフォルト:#14273b。
可能な値:有効なCSSカラー
例:[wps_products add_to_cart_button_color=”#000″]

 

variant_button_color
バリアントのドロップダウンカラーを決定します。デフォルト:#52a7a6。
可能な値:有効なCSSカラー
例:[wps_products variant_button_color=”#000″]

 

variant_style
※WP ShopifyProでのみ利用可能です。
バリアントコントロールの視覚スタイルを決定します。デフォルト:dropdown。
可能な値:dropdown/buttons
例:[wps_products variant_style=”buttons”]

 

add_to_cart_button_text
購入ボタンのテキストを決定します。デフォルト:Add to cart。
可能な値:任意のテキスト文字列
例:[wps_products add_to_cart_button_text=”Add to bag”]

 

add_to_cart_button_text_color
購入ボタンのテキストの色を決定します。デフォルト:#FFFFFF。
可能な値:有効なCSSカラー
例:[wps_products add_to_cart_button_text_color=”#000″]

 

hide_quantity
数量入力を非表示にするかどうかを決定します。
可能な値:true/false
例:[wps_products hide_quantity=”true”]

 

show_quantity_label
数量選択要素の「ラベル」を表示するか非表示にするかを決定します。オンにすると「数量」という単語が表示されます。
可能な値:true/false
例:[wps_products show_quantity_label=”false”]

 

min_quantity
数量フィールドに「最小」数を設定します。この数より少ない数をカートに追加することはできません。
例:[wps_products min_quantity=”4″]

 

max_quantity
数量フィールドに「最大」数を設定します。この番号を超えてカートに追加することはできません。
例:[wps_products max_quantity=”20″]

 

excludes
タイトル、説明などの特定の製品コンポーネントを除外、削除できます。コンマ区切りで複数設定可能。
可能な値:images/title/pricing/description/buy-button/Example
例:[wps_products excludes=”title, pricing”]

 

items_per_row
各行に表示される製品の数を決定します。
可能な値:任意のテキスト文字列
例:[wps_products items_per_row=”5″]

 

show_price_range
各製品の価格帯を表示するかどうかを決定します。pricingがexcludes属性内に設定されていない場合にのみ適用されます。
可能な値:true/false
例:[wps_products show_price_range=”true”]

 

show_compare_at
各製品の価格で比較を表示するかどうかを決定します。pricingがexcludes属性内に設定されていない場合にのみ適用されます。
可能な値:true/false
例:[wps_products show_compare_at=”true”]

 

quantity_label_text
数量入力フィールドの横のラベルテキストをカスタマイズします。
可能な値:任意のテキスト文字列
例:[wps_products quantity_label_text=”Custom quantity text”]

 

show_featured_only
商品の特徴画像のみを表示するかどうかを決定します。デフォルトでは、すべての商品画像が注目画像の下にサムネイルとして表示されます。
可能な値:true/false
例:[wps_products show_featured_only=”true”]

 

show_zoom
WP ShopifyProでのみ利用可能です。
商品画像のズームを有効にするかどうかを決定します。有効にすると、注目の画像でズームがトリガーされます。
可能な値:true/false
例:[wps_products show_zoom=”true”]

 

pagination
ページネーションを非表示にするか表示するかを決定します。
可能な値:true/false
例:[wps_products pagination=”false”]

 

no_results_text
製品が見つからない場合に表示するテキスト。
可能な値:任意のテキスト文字列
例:[wps_products no_results_text=”商品が見つかりませんでした”]

 

description_length
製品の説明の長さを文字で決定します。特定の抜粋のみを表示する場合に役立ちます。
可能な値:説明を制限する文字数
例:[wps_products_description description_length=”50″]

 

infinite_scroll
WP ShopifyProでのみ利用可能です。
オンにすると、アイテムの次のページが自動的にコンテナに追加されます。ページネーションが使用されている場合にのみ機能します。
可能な値:true/false
例:[wps_products infinite_scroll=”true”]

 

infinite_scroll_offset
WP ShopifyProでのみ利用可能です。
アイテムコンテナの端からのオフセットを決定します。たとえば、の値-100は、アイテムコンテナの終わりの100px前に追加のアイテムのロードを開始します。オフセットは正または負の値にすることができます。
可能な値:正または負の数
例:[wps_products infinite_scroll_offset=”-100″]

 

dropzone_load_more
場合はpaginationtrueに設定され、これはページネーション「負荷より」制御コンポーネントを配置するためにDOMに独自の場所を指定することができます。有効なCSSセレクターを取得します。falseに設定すると、[さらに読み込む]ボタンが製品出力のすぐ下に配置されます。デフォルト:false。
注意:指定されたHTML要素は完全に空になり、loadmoreコンポーネントに置き換えられます。
例:[wps_products dropzone_load_more=”#my-custom-load-more-container”]

 

full_width
に設定するtrueと、製品がコンテナの幅にまたがるように強制されます。
可能な値:true/false
例:[wps_products full_width=”true”]

 

images_align
注目の画像を水平方向に配置する方法を決定できます。デフォルト:left。
可能な値:left/center/right
例:[wps_products images_align=”true”]

 

link_to
どこにでも、製品がリンクする場所を決定できます。デフォルト:wordpress。
可能な値:none/wordpress/shopify
例:[wps_products link_to=”none”]

 

link_target
リンクを新しいタブで開くかどうかを決定できます。デフォルト:_self。
可能な値:_self/_blank
例:[wps_products link_target=”_blank”]

 

link_with_buy_button
WordPressまたはShopifyにリンクするときに購入ボタンコントロールを表示するかどうかを決定できます。デフォルト:false。
可能な値:true/false
例:[wps_products link_with_buy_button=”true” link_to=”wordpress”]

 

carousel
カルーセルビューで商品を表示できます。デフォルト:false。
可能な値:true/false
例:[wps_products carousel=”true”]

 

carousel_dots
カルーセルドットを表示するかどうかを決定します。デフォルト:true。
可能な値:true/false
例:[wps_products carousel=”true” carousel_dots=”false”]

 

carousel_infinite
製品を際限なくスライドし続けるかどうかを決定します。デフォルト:true。
可能な値:true/false
例:[wps_products carousel=”true” carousel_infinite=”false”]

 

carousel_speed
カルーセルの速度を決定します。デフォルト:500ms。
可能な値:ミリ秒の数
例:[wps_products carousel=”true” carousel_speed=”1000″]

 

carousel_slides_to_show
一度に表示するカルーセルスライドの数を決定します。デフォルト:4。
可能な値:表示するスライドの数
例:[wps_products carousel=”true” carousel_slides_to_show=”3″]

 

carousel_slides_to_scroll
一度にスクロールするカルーセルスライドの数を決定します。デフォルト:4。
可能な値:スクロールするスライドの数
例:[wps_products carousel=”true” carousel_slides_to_scroll=”3″]

 

carousel_prev_arrow
カスタムの「前のスライド」矢印アイコンを指定できます。デフォルトは黒い矢印です。
可能な値:カスタムアイコンへのURL、またはデータuriなどの有効なCSS画像のURLプロパティ
例:[wps_products carousel=”true” carousel_prev_arrow=”https://mysite.com/pre_arrow.png”]

 

carousel_next_arrow
カスタムの「次のスライド」矢印アイコンを指定できます。デフォルトは黒い矢印です。
可能な値:カスタムアイコンへのURL、またはデータuriなどの有効なCSS画像のURLプロパティ
例:[wps_products carousel=”true” carousel_next_arrow=”https://mysite.com/pre_arrow.png”]

 

keep_commas
デフォルトでは、タイトルにコンマが含まれる商品がある場合、WPShopifyはこれを複数の異なる商品タイトルとして扱います。keep_commastrueに設定すると、タイトルにカンマが含まれる商品を検索できます。
可能な値:true/false
例:[wps_products title=”This, is my, product” keep_commas=”true”]

 

direct_checkout
顧客をShopifyチェックアウトプロセスに直接リンクできます。これにより、デフォルトのWPShopifyカートエクスペリエンスが完全にバイパスされます。デフォルト:false。
可能な値:true/false
例:[wps_products direct_checkout=”true”]

 

.